染み抜きの京都職人による、抜染助剤薬品の紹介です。

染み抜き専門 なをし屋お気軽にご相談ください Tel 075-204-7738
当店は、しみ抜き専門店。シミが直らなければ、料金は無料!  税抜き料金10,000円以上で、送料は当店負担サイトマップ
Home当店の信念お支払い・配送よくあるご質問ご依頼方法お問い合わせ
染み抜き無料相談
染み抜き専門

当店のこだわり
着物の染み抜き事例
洋服の染み抜き事例
革の染み抜き事例
染色補正について
着物のお手入れ

ごあんない

お客様の声
料金とお支払い
染み抜きのご依頼方法
よくあるご質問
お問い合わせ
当店からのお願い

当店について

会社概要と法定表記
アクセスマップ
染色補正師紹介
リンク


なをし屋 外観

着物の染み抜きの技・京都 【なをし屋】
代表・染色補正師 栗田 裕史
詳しいプロフィール

伝統と最新の技術の融合で、
衣類のトラブルを解決します。

〒604-8846
京都市中京区壬生西桧町
16番地7 アクセスマップ

TEL 075-204-7738
E-mail:info@naoshiya-kyoto.com


染み抜き京都職人


 抜染助剤 (染色補正作業の薬品材料)

∇キャリヤー
 液体。水溶性のフェニルノール系かフタル酸系があり、膨潤剤としてテトロン等の合成繊維の
 抜染に用いる。

∇カタライトS
 液体。デグロリン・ロンガリットと併用すれば、抜染効果を高める。

∇蛍光増白剤
 白淡黄色の粉末で、動物繊維用・植物繊維用・化学繊維用の三種類があり、
 紋洗い・紋抜きなどの際の増白剤として使用。

∇EDTA
 酸性(B)・アルカリ性(DC)があり、鉄サビ・含金染料の金属分除去に使用。
 硬水中の金属イオン薬剤の反応を抑えるためにも用いる。

∇キレスト
 白色粉末で、カルシウム・マグネシウムなどの金属塩の入った硬水の軟水化、
 又は金属イオン封鎖剤として使用。

∇ジメチルホルムアミド(DMF)有機溶剤
 無色透明の液体で、含金染料染色などによる難抜性の染料の抽出剤。
 原液又は水と混合して熱ゴテにて綿布に染料を溶解抽出させて抜染可能にさせる。

∇ジメチルスルホキシド 有機溶剤
 無色透明の芳香性のある液体で、DMFと同じ効果を示す。

∇新センポール200
 使用法は、DMFと同じ。

∇その他の染料抽出剤
 キララP・キララLニュー・グリソルブ(黄色染料の脱色)・グリエシレン。


                                     (染色補正の技法・技術 より抜粋)

染色補正の薬品材料
酸性薬品アルカリ性薬品還元剤酸化剤有機溶剤
天然樹脂合成樹脂界面活性剤抜染助剤補正しみ落し薬品
















                        このページのTOP▲へ


ホームよくあるご質問 お問い合わせ着物の染み抜き事例洋服の染み抜き事例ご依頼方法料金とお支払い
当店の信念
染み抜き無料相談会社概要と特定商取引法に基づく表記アクセスマップ職人紹介染色補正 リンク
染み抜き日月抄きもののお手入染み抜き薬品について
着物・洋服・革製品の染み抜きなら【なをし屋】 〒604-8846 京都市中京区壬生西桧町16番地7
TEL 075-204-7738 E-mail:info@naoshiya-kyoto.com
Copyright (C) since 2007 naoshiya. All Rights Reserved.